生理不順の冷え性に生姜が効くって本当?

生理不順の原因は冷え、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、過度なダイエット、過激な運動、また下垂体、卵巣、視床下部といったの機能の異常や甲状腺機能亢進症、低下症など病気、抗鬱剤などの向精神薬などの薬の副作用の場合などが考えられます。

中でも女性に多い冷え性では、身体の中心や下半身の冷えが生理不順や生理痛、子宮の病気に関わってきます。身体が冷えることで血流が悪くなり、腰痛や肩こりの原因ともなります。

人は体温の調節をどのようにして行っているのでしょうか?気温が変化すると、例えば暑い時には汗が出て気化熱で体温を下げようとします。寒い時には体毛が立ちあがって鳥肌となりぶるぶると震えたりしますが、それは身体が自然に体温調節をしているのです。

冷え性になると体温調節機能がうまく機能していない状態となり、手足の先がなかなか温まらず冷たくて不快感を感じます。冷え性には『手足の先が冷える末端冷え性』 『身体の中が冷える内蔵型冷え症』『下半身が冷える下半身型冷え症』があります。冷え性になると生理不順のみならず、生理痛、腹痛、倦怠感、不眠、頭痛、肌荒れなど様々な症状が現れます。

特に女性にとって下腹部の冷えは、ダイレクトに子宮や卵巣の冷えに繋がり、血行が悪くなり、卵巣機能が低下することでエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌も低下してしまいます。子宮も冷えることで血行不良となり、ホルモンバランスの乱れによって生理不順、生理痛だけでなく、PMS、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人病になったり、のぼせ、イライラ、情緒不安定などの更年期障害が起こりやすくなります。

生理不順を改善するためには、まずこの冷え症を体質改善することで治していくことが重要になります。

女性ホルモンの乱れによる血行不良が冷え性に繋がる

こうした冷え症の原因は生活習慣の乱れにあると考えられます。自律神経の乱れ、血行の滞り、運動不足や筋肉量が少ないことから血流が悪くなります。また貧血や低血圧なども血流が滞りがちになり冷え性を悪化させます。

また、女性ホルモンの乱れによって血行の悪化を招き冷え性になることもあります。女性ホルモンの乱れはストレス、更年期などのホルモンバランスの乱れによって起こります。

サイズの合っていないきつい下着や服などで身体を締め付けることも血行を滞らせたり、ダイエットのし過ぎによる体重減少、ビタミンやミネラルが不足することで代謝が正常に行われなくなり、冷え性の原因となります。

そして身体は食べた物で作られているので食べ物も重要です。

白い食べ物、要するに精製された食品は身体を冷やす働きがあります。精白糖、精白小麦粉たっぷりのスイーツや洋風の食事ばかりでは冷え性は改善されません。

反対に黒い食べ物、昔ながらの黒糖や全粒粉、黒豆、小豆などは身体を温める作用があります。香辛料ではにんにく、生姜、わさび、唐辛子、山椒、味噌、しょうゆ、天然塩、シナモンなどです。

身体を冷やす作用があるのは、白砂糖、バター、マヨネーズ。冷たいアイスや清涼飲料水は温度だけではなく、こういった材料も冷え性の原因となっているのです。

一般的に寒い場所で収穫される作物には身体を温める作用があるので、バランスを考えた食事が大切になります。

冷え性に効く!生姜の効果と効能

人の平均的体温は36.5度です。35度ではがん細胞が活発になるとも言われているように、身体の免疫力が低下するだけでなく、基礎代謝の低下によって太りやすくなる弊害もあります。体温を上げるためにはまず血行を良くすることから始めましょう。

生姜は日本でも昔から風邪の引き初めに生姜湯を飲んで休むことで、体温を上げて身体の抵抗力を上げ風邪を早く治す知恵として活用されてきました。

生姜の主な効能には、血行の改善(抹消血管の拡張)、免疫力を高める(白血球数を増加させ働きを促進する)、体を温める、利尿作用、冷え性の改善、生理不順の改善、生理痛や関節痛の緩和、解熱、発汗の促進、消化促進、代謝の向上、抗ウイルス、抗炎症、殺菌作用、吐き気を抑える、活性酸素の除去、花粉症の症状の緩和、うつ病改善、脂肪の燃焼を促進なおがあります。また肩こり、めまい、二日酔い、むくみ、倦怠感、胃潰瘍、膀胱炎、心筋梗塞などにも効果があるとされています。

このように生姜にはたくさんの健康に対する効能がありますが、特に体温を上げる効能が冷え性を改善する特効薬となります。

生姜を食べるとすぐに身体がポカポカするのを感じるのは、消化された有効成分が血管を拡張して血流を良くして体を温めててくれるからです。そしてアドレナリンの分泌を促す作用を発揮して身体の機能を目覚めさせ体温を上昇させます。

また生姜の血液凝固を抑制する作用によって血小板の粘りを抑制し血液が凝固しないように作用します。このため血液がさらさらとなり血栓ができにくくなるので、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞の予防や改善に効果があります。生理時に血流が良くなることで子宮内膜と血液が排出されやすくなります。

生理不順の冷え性に効果的な生姜の成分

生姜に含まれている辛味成分のジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロン。ジンゲロールは殺菌作用が強く、温めるとショウガオールやジンゲロンに変化します。

ショウガオールはジンゲロールよりもさらに強い身体を温める作用があります。特にお腹を温める作用がありますので、冷え性の改善にとても有効です

生姜の表皮直下には特有の芳香を持った精油が含まれています。生姜の精油には、ジンギベロール、ゲラニアール、ガラノラクトン、ジンギベレン、クルクミン、シトラール類、ボルネオール、ピネン、などの芳香成分が400種類以上もあります。

これら生姜に含まれる成分が相互に作用しあうことで、さまざまな健康効果や効能が認められてきました。

生理不順の冷え性に生姜が効果的な理由

生理不順の大きな原因の一つである冷え性に生姜の成分が有効に働きかけ、冷え性を根本から改善してくれるため生理不順に有効とされています

血行不良によって弱った卵巣、下垂体、視床下部といった女性ホルモンをつかさどる臓器や自律神経の働きを正常化します。

子宮、卵巣への血行を改善し、働きを促してくれるのです。また、脂肪細胞からは女性ホルモンと同様のエストロゲンというホルモンが分泌されますが、このためホルモンバランスが崩れて生理不順の原因ともなります。

太りすぎや痩せすぎも生理不順を招きます。肥満は適度な運動とストレス発散、バランスの良い食事で生活習慣から変えるようにして適正体重に近付けたいものです。

生姜のエネルギー燃焼促進効果や代謝の促進効果もダイエットの味方になります。反対に痩せすぎている場合には生姜の消化促進効果で改善して栄養を吸収できるようになれば体重も適正となっていきます。

身体が危機感を感じなくなるため、徐々に生理が正常にやってくるようになり、生理不順を改善できます

そして生姜の最大の効果である血管を拡張して体温を上げる効果。

体温が下がることで身体の様々な機能が低下してしまい、病気の元になってしまいます。生姜のこの効果によって冷え性を改善し、ホルモンバランスを整えて生理不順を改善してくれるのです。