20代・30代で生理不順になる多くの原因はこれ!

20代・30代の若い世代でも生理周期が乱れ、ホットフラッシュや冷えのぼせなどの典型的な更年期障害の症状が起きることがあり、20代や30代で起きるこれらの症状は若年性更年期障害と呼ばれます。

20代や30代に起きる若年性更年期障害や続発性無月経の放置は、最終的に早発閉経に繋がっていくリスクがあります。将来、結婚し妊娠・出産を希望する女性には必見の内容です!

20代・30代の生理不順の原因に積もるストレス?

20代や30代は女性にとって仕事も家庭も責任が増えることでストレスに囲まれやすくなる時期と言えます。また結婚や出産などを経験し大きく環境が激変しやすい年齢でもあります。

ストレスは、目に見えず自覚もしづらいため知らず知らずのうちに体や精神・自律神経に対して大きなダメージを受けていることも少なくありません。
ストレスを受け続けている状態は、アクセルを踏み続けている自動車のようなものです。適度にブレーキを踏んで落ち着かないとどんどん消耗して行き、やがてシステムは故障しあらゆる誤作動を起こすようになってしまいます。この誤動作が、若年性更年期障害の症状です。

若年性更年期障害の症状は非常に多岐に渡りますが、20代・30代で起きている生理不順は若年性更年期障害の1つの症状だったということも少なくありません。

ストレスは、外的要因で自分の力でコントロールすることはとても難しいと言われていますが、ストレス発散というブレーキを踏むことはできます。ヨガや散歩などの適度な運動、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、リラクゼーション音楽を聴いたり、自分の好きなことに没頭する時間を持つことや規則正しい生活習慣などできる範囲で工夫して多幸感を感じるような時間を取り入れて心にブレーキをかけるようにしてください。

20代・30代の生理不順の原因は女性ホルモンの乱れ?

卵巣そのものや、卵巣にホルモン分泌の命令を出す脳下垂体になんらかのトラブルが起こった場合にもうま女性ホルモンの分泌が行えなくなることがあります。その結果、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量やそれをコントロールしている脳下垂体や視床下部との連携に乱れが生じるようになっていきます。

20代や30代にもかかわらず更年期障害の症状が見られ、閉経してしまう女性も近年増えてきていますがこの場合多くは脳下垂体からのホルモンが分泌されなくなっていることがわかっています。

極度の偏食、極端なダイエット、精白糖の過剰摂取、睡眠不足、過激な運動、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣の乱れはそうした卵巣や脳下垂体の働きにトラブルを起こす大きなキッカケとなってしまうことも少なくないのです。

PMS(月経前症候群)と若年性更年期障害の違いとは?

20代や30代の女性で更年期のようにすぐにイライラしてしまったり、全てのことが不安に感じるようになってしまったり、めまい・腹痛・動悸・頭痛などの辛い症状があらわれると若年性更年期だと病院に行く方がいます。
しかし、この症状は生理前のPMS(月経前症候群)でも同じような症状があらわれることが多くありPMSを若年性更年期障害を勘違いしているケースもあります。

PMSと若年性更年期障害、更年期障害を見分ける方法はとても簡単で生理の周期が乱れる生理不順が起きるかどうかがポイントになります。

若年性更年期や更年期障害は卵巣自体やその中で眠る卵胞に問題があることが多いため生理の周期や期間、経血量に必ず何かしらの変調をきたします。反対にPMSは生理前に様々な精神的苦痛や肉体的苦痛があらわれますが生理周期が乱れることはなく生理が始まると症状が収まりまることが大きな特徴です。

もし生理周期の乱れないPMSの場合には、その対策としてエビデンス(医学的な裏付け)のある効果的な医薬品やサプリを使って対策するようにしましょう。
生理が乱れる場合は、若年性更年期の障害の可能性があるためあまりにもひどい場合は医師による診断を受けるようにしましょう。

20代・30代でも訪れる早発閉経(早期閉経)とは?

一般的に50歳前後、45〜56歳で迎える閉経ですが、20〜30代でも閉経を迎える女性が近年増加しています。

閉経とは卵巣機能が完全に停止している状態、1年間以上月経がないことをさします。人によりますが、徐々に生理の間隔が長くなり終了します。40歳未満で閉経することもあります。日本産科婦人科学会の定義によると、43歳未満での閉経を早発閉経としています。20代の女性では1000人に1人の割合で、30代の女性では100人に1人の割合で早期閉経が訪れると言われています。
早発卵巣不全(POF)ともよばれることがあります。
続発性無月経と閉経の違いは?
毎月訪れていた月経が起きなくなる症状のことを無月経と呼んだり閉経と閉経と呼んだりします。この違いを生理しておきましょう。
続発性無月経とは、初潮を経験している女性の生理が3ヶ月(90日以上)訪れていな状態を呼びます。続発性無月経は、何かしらの原因により生理が休眠している状態で女性ホルモン治療や女性ホルモン様作用を持つサプリなどを用いることで再び生理が訪れるようになります。
それに対し、閉経とは卵巣機能の低下や原子卵胞自体の残数もなくなり生理が起こらなくなってしまった状態を指します。休眠ではなく終焉ですので閉経が訪れたら治療をしても生理がくることはありません。そのため、妊娠することも不可能になってしまいます。
まだまだ社会で働く20代や30代の女性の中には、毎月の生理が煩わしく閉経を早めたい、生理なんかこない方がいい!と考える方も少なくありません。しかし、生理が起きる一連のメカニズムには妊娠を可能にさせるだけではなく女性の肌の弾力を支えるコラーゲン量を増やしたり、カルシウムの流出を防ぎ頑丈な身体を作ったり、精神の安定にも繋がります。そして、閉経を迎えることで脳梗塞や脳動脈瘤のが発症するリスクも跳ね上がります。

早期に閉経が来てしまっては、将来的に妊娠を願ってもどうすることもできませんし身体に重篤なトラブルが起きるリスクも高まります。20代、30代に起こる些細な生理不順や無月経の放置はしないようにしてください。

20代・30代での早期閉経を防ぐには?

生理不順の悩みを段階的に切り分けた場合、最後の終着点にあたるのが閉経であり、生理不順や続発性無月経、若年性更年期や更年期障害の症状は、閉経に向かうまでの通過点です。
最悪のシナリオである早期閉経を防ぐためには以下のポイントに注意してください。
生活習慣を見直す
ちゃんと睡眠時間を確保し睡眠の質にも気を配り、暴飲暴食はしない。特に喫煙習慣は活性酸素を過剰に発生させ卵子の老化を早めることになりますので注意が必要です。
過剰・極端なダイエットをしない
ダイエットをするのであれば過剰で極端なダイエットではなく長期的に緩やかに変化させていくようなダイエット法を取り入れるようにしましょう。
自分自身の身体を把握する
生理周期や基礎体温や体重など自分で計測できるデータを把握して自分の身体を把握しましょう。今は、スマホアプリの普及により簡単にデータ管理することができますので是非活用してください。
より具体的に将来設計したい場合は、AMH検査(原子卵胞の残数を調べるための検査)が保険外負担で7,000円〜8,000円程度で受診することができます。
貧血・鉄分不足に注意する
今日本人女性の隠れ貧血は大きな問題となっています。食生活やライフスタイルの変化により自覚症状のない女性の鉄分不足は急増しています。身体が貧血状態になることで、妊娠よりも生命維持を優先させるため生理が止まってしまいます。
特に貧血ぎみだと自覚されている方は、食事での鉄分の吸収率はとても低いため吸収率の高いヘム鉄配合の鉄分サプリでの鉄分補給がおすすめです。
生理不順や無月経を放置しない
そのうち治ると生理不順や無月経を放置するのは危険です。生理不順や無月経の放置していると身体が生理のない状態を正常だと記憶してしまい、さらに生理が起こりづらくなると言われています。

20代30代の生理不順についてのまとめ

20代や30代の生理不順の原因は、非常に多岐に渡るため対策の幅はどうしても広くなってしまいます。20代や30代は、大きなストレスや精神的な負担がかかりやすい時期です。ですが、経済的にも余裕ができ選べる選択肢の幅が大きく広がる素晴らしい時期でもあります。是非、自分の身体と向き合って取れる対策から初めて見てください。