閉経後には身体にはどんな変化が起きる?閉経後にリスクの上がる病気とは?

50歳前後の10年間、閉経に伴い女性ホルモンの分泌が徐々に減少するため女性の身体には様々な変化がおこります。閉経後、身体にはどのような変化がおこるのでしょうか?
このページでは、閉経後におきる体の変化やリスクが高まる病気や閉経後の不調を防ぐための対策などをまとめました。参考になれば幸いです。

閉経とは?

時期には個人差がありますが、50歳前後に卵巣機能が停止することにより生理がこなくなることを閉経と呼び、女性であれば誰もがいずれ必ずその時を迎えます。

 

閉経は、突然生理が止まるのではなく40代半ばから徐々に女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、身体が閉経の準備を始めるためホルモンバランスが崩れこの時期(更年期)多くの女性が身体の不調を感じます。
更年期障害、生理不順、無月経、ほてり、うつ病、睡眠障害などの症状があらわれるリスクが高まります。

 

これらの症状は閉経前の代表的な症状でエストロゲンの急減が主要因とされています。閉経後はエストロゲンの分泌がほとんどなくなり身体にはさらなる変化が生じやすくなるため常に体に対して注意を払う必要があります。

閉経後にリスクが高まる病気や症状とは?


閉経後に今までとは違い発症リスクが高まる病気や体に害を及ぼす症状がいくつもあるのでその種類を調べてみました。
骨粗しょう症
女性ホルモンの分泌低下により骨吸収が急激に高まり、骨の形成が追いつかなくなることで骨の密度が低くなることから閉経後は骨粗しょう症のリスクが高まります。50代以降の女性の発症率が高く、患者数も男性の3倍にも及びます。放っておくとちょっと転んだり、くしゃみをしただけで骨折・・という危険もあります。
高脂血症
高脂血症とは、自覚症状がほとんどないのに血液がドロドロになり心筋梗塞や動脈硬化の発症リスクが高まる怖い病気です。エストロゲンが女性の脂質代謝と大きく関わっているので急減により脂質代謝異常が起こることが要因です。健康のためにも定期的に病院で血液検査を受け、早期発見、対策を心がけたいです。
高血圧
血圧は更年期に上昇が始まり、閉経後の女性に高血圧症が急増します。エストロゲンの血管拡張作用によってコントロールされていた血圧が変化し加齢とともに高血圧症になる女性が急増します。
60代女性の6割近くが高血圧症と言われています。
糖尿病
閉経後の女性は6倍もの確率で糖尿病を発症しやすくなります。血糖値を抑える働きをしていたエストロゲンの減少で、血糖値が下がりにくくなることが要因です。内臓脂肪が多い女性は血糖値を下げるインスリンが作用しにくいのでより発症リスクが高まるので、中年以降肥満傾向の方、高血圧・高脂血症の既往がある方は注意が必要です。

閉経後の不調を防ぐための対策とは?

それでは、次に上記で紹介した閉経後の不調を防ぐために有効とされている対策をまとめていきます。
骨粗しょう症
食事は、主な原因となるカルシウムの摂取を特に心掛けるようにしてください。カルシウム以外にも骨代謝の促進作用を持つビタミンDや骨形成の促進効果を持つビタミンKの摂取量を高めてリスクを軽減するようにしましょう。
さらに、運動不足解消は骨密度の強化につながるため定期的に軽度の運動を行い、適正体重の維持にも努めましょう。適正体重は、肥満だけではなく痩せすぎていしまっても骨粗しょう症のリスクは高まってしまうため注意が必要です。

 

骨粗しょう症は、日本人の寝たきり原因のなんとトップと言われるほど恐ろしい病気です。日頃から意識的に対策を行い予防をするように心がけましょう。
高脂血症
高脂血症の対策として圧倒的に有効なのは、食生活の改善をすることです。玉ねぎ、にんにく、青魚、酢など血液をサラサラにする効果を持っている食材を多く取り、脂肪やカロリー控えた献立作りが必要になります。
病院での検査時の数値が悪い時には、ホルモン補充療法によってエストロゲンを補給することもあるくらい深い繋がりを持っています。

 

高血圧症の放置は、動脈硬化の直接的な要因ともなり得ます。私達の体は、食事によって摂る栄養素によってできています。

 

毎日の食事の効果を甘く捉えずに体にとって必要な栄養素を補給するようにしていきましょう。
糖尿病
糖尿病の対策としても食事での改善が必須の対策になります。特に血糖値を意識した献立を組み立てていく必要があります。糖分を多く含む炭水化物を控えたり、野菜を先に食べることで、血糖値の急増を防ぐ「Gi値」を意識したり、カロリーを意識した献立作りをしたり、食物繊維を積極的に摂取したりと対策の中心は食事になります。

 

食事は毎日必ず積み重ねる習慣ですので、良いものを積み上げれば体は良い方へ傾き、悪いものを積み重ねればリスクはどんどん上がっていきます。是非、油断せずに体の支えとなる食習慣を積み重ねるようにしてください。

まとめ

閉経後女性の身体は女性ホルモンの分泌がなくなることで今までは縁遠かった病気にかかりやすくなります。閉経前の若い頃の生活習慣によって早期閉経になってしまい、周りよりも早く身体が老化して様々な不調に悩まされてしまうこともあります。

 

いずれも、自分の生活習慣を見なおして、体調を整えるよう気をつけたり不足しがちなものを補うようにすることで症状の予防や改善につながります。閉経後の長い人生を健康で健やかに過ごせるよう自分の生活習慣を是非見直ししてみてください。