タバコと生理不順。喫煙が女性の体に深刻なダメージを与える理由とは?

あなたは今タバコを吸っていますか?
吸っていると答えた方、生理は毎月順調にきていますか?

 

順調に生理がきている方は少ないのではないでしょうか。なぜなら、タバコは生理不順に強く関係しているのですから。

 

最近では、いろいろな場所で禁煙、分煙がすすめられているようにタバコは百害あって一利なしです。

 

なぜそう言われているのか具体的なメカニズムまで理解している方は少ないのではないでしょうか?

 

今回は、タバコが具体的にどうして生理不順を起こすのか、女性の体にどんな悪影響を与えるのかを紹介します。

 

そもそも、生理不順は女性ホルモンのバランスが乱れが原因となり起こることが非常に多く、女性ホルモンの乱れは、生活習慣の乱れやストレスなどが原因でなりますが、喫煙もその原因のひとつになります。

 

タバコを吸うことによって、女性ホルモン『エストロゲン』の分泌を低下させてしまいます。

 

また、タバコに含まれる有害物質である『ニコチン』や『タール』を排出するために『エストロゲン』も消費されてしまいます。

 

つまり、タバコを吸うと体内の『エストロゲン』が不足し、供給が少ないのに消費され続けてしまうため、女性ホルモンが不足してしまいます。

 

このようにして、女性ホルモンの量が低下して、ホルモンバランスが乱れることによって生理不順を起こすのです。

 

もしタバコを吸って、生理不順で悩んでいる人は、まず禁煙をするべきです。

 

禁煙をして、体への負担を減らすことができれば、女性ホルモンのバランスも良くなり、生理不順はきっと元の状態に戻っていきます。

喫煙が女性の体に与える悪影響

 

喫煙が女性に与える悪影響は生理不順だけではありません。一般的には男性よりも女性の方が受けやすいと言われています。

 

病気のリスクが高まる

女性ホルモンが急激に減少し、閉経が早くなります。それに伴って更年期障害が悪化したり、骨粗鬆症になる危険性もあがります。
また、タバコに発がん性があることは、一般的にも知られていますが、子宮、肺、食道、咽頭、胃などのがん及び生活習慣病のリスクをが高くなります。
特に子宮がんは、他の部位にできるがんと比べると、若年層にかかりやすいのが特徴です。
そのほかにも、喫煙者のうつ病の発症リスクは、吸わない人の発症率の2.9倍になるといわれています。

 

肌にも見た目にも大ダメージ!!

老化のスピードが早くなってしまいます。喫煙により、血流が悪くなると、肌の新陳代謝が低下して、シワ、たるみ、くすみなどが出やすくなります。
また、喫煙することで、美白作用を高めるはずの体内のビタミンを大量に消費し、ビタミン不足になり、肌荒れを引き起こすのです。
喫煙を続けていると、たばこのヤニが歯について、歯が汚く、息が臭くなります。女性としての見た目にも大ダメージを受けます。

 

生理痛を悪化させる

タバコに含まれる『ニコチン』により血管が収縮してしまうため、全身の血流が悪くなり、
骨盤内の血流にも悪影響を与えます。血行不良と体の冷えは、女性にとっては大敵で、生理痛を悪化させます。

 

妊娠しにくくなる

『ニコチン』が体内に入り、血管が収縮することで、血流が滞り、体にとって必要な栄養素が隅々までスムーズに届かなくなることによって、新陳代謝も落ちてします。そうすることで健康な卵子が排卵されにくくなってしまいます。
また喫煙の影響で、受精卵の着床が妨げられたり、、体外受精の受精率も低下してしまうという報告もあります。
また、女性ホルモンの低下により、無排卵性月経(月経がきているのに排卵ができていない状態)が起き、不妊の一因になってしまいます。
若いうちから女性がタバコを吸っていると、生理不順になり、将来子供が欲しくても、できなくなってしまう可能性もあるのです。

 

妊娠してもトラブルのリスクが高くなる!

せっかく妊娠をしても気づかずに喫煙を続けてしまうと、流産の危険性が高まります。
妊娠中の喫煙は、お腹の赤ちゃんに多大なる悪影響を及ぼします。
タバコを吸うと、胎盤からの胎児への血流が悪くなるだけでなく、一酸化炭素によって血液中の酸素が不足した一種の酸欠不足状態になってしまいます。
すると、次のように、いろいろなトラブルのリスクが高まるのです。

・早産や死産は2倍に!
・低体重出生児(2,500g未満で生まれる赤ちゃん)の確率は22%増!
・早期破水は1.5〜2.1倍に!
・前置胎盤(胎盤が子宮口をふさいでしまう状態)は2倍に!
・子宮外妊娠のリスクの増加
・赤ちゃんの先天異常を持つ可能性の増加

このように妊婦の喫煙は、お腹の赤ちゃんにとって大きなダメージを与えてしまうことになるのです。

タバコは未来の自分の子供にまで悪影響!!

 

ここまで説明してきた通り、女性にとっての喫煙はリスクが高すぎるといってもいい極めて高リスクの嗜好品です。
ほとんどの人は、タバコが健康に良くないということを知りながら、やめられずに続けているとおもいます。

 

だからこそ、女性が禁煙するために必要なことは、タバコの本当の恐ろしさを、しっかり認識して欲しいと切に願っています。

 

将来、出産を考えている人は特に、禁煙することで生理不順のリスクを軽減して、体のバランスを整えましょう。

 

生理不順は自分が苦しむだけで済むかもしれませんが、喫煙の悪影響で、未来の自分の子供も苦しめることに繋がります。
自分や子供が苦しまないためにも、喫煙を続けたことを後悔しないように、時間がかかっても、禁煙へ向けてチャレンジしてみましょう。

 

自分の子供がニコチン中毒になったり、突然死してしまうリスクを一度真剣に考えてみてください。

 

若い女性にとっては、しわのない綺麗な肌を目指すために禁煙する、と考えてもいいでしょう。

 

実際に、タバコをやめたら生理不順や生理痛が解消した!という報告もたくさんあります。

 

喫煙が女性の体に対し、どれだけの悪影響があるか分って頂けたと思います。

 

この記事を読んで、禁煙にチャレンジしてみようと思っていただけたら幸いです。