生理不順を整える!驚く程ヨガが効果的な理由とは?

生理が毎月遅れたり早まったり、生理の期間も長かったり短かったりと、人それぞれ程度はありますが、生理不順によるストレスを抱えている女性はたくさんいます。

 

婦人科で、薬を服用する人が多いと思いますが、自分でできる生理不順の改善方法として代表的なものにヨガがあります。

 

今回はヨガと生理不順改善の関係について、紹介したいと思います。

 

生理不順は『女性ホルモン』に関係有り!?

生理の正しいと言われている周期は、25日〜38日で、それよりも短かったり(頻発月経)長かったりする(稀発月経)と生理不順としてあつかわれるようになっていきます。

 

生理不順の原因は様々ですが、元々の体質が原因になるというよりは、『女性ホルモンバランスの乱れ』が主な原因です。
生理と大きな関係があるのが『女性ホルモン』で、特に卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が悪いと生理不順になります。

 

ではなぜ『女性ホルモン』の分泌量が低下するのでしょうか?

 

・精神的ストレス
生理不順の根本的な原因はストレスといってもいいほどで、どんなに規則正しい生活をこころがけ、食生活に気をつけていても、ストレス過多では体内の働きが滞ってしまいます。

 

「生理不順はストレスのバロメーター」と言われるほど、過剰なストレスはホルモン分泌に悪影響を与え、周期を変えてしまいます。

 

精神的ストレスが『女性ホルモン』のバランスを乱し、卵巣や子宮の血流を悪くして、ホルモンの分泌や排卵を乱すのです。

 

・骨盤のゆがみ
生活習慣や出産などが原因で、骨盤が広がったり、ゆがんだりします。この状態では、内臓が下に垂れ、圧迫することで、血流が滞ります。
そして結果的に骨盤内の子宮や卵巣の機能が低下してしまいます。

 

・体が冷えている
体が冷えることで、基礎代謝は下がります。体温が1度下がると約12?20%も基礎代謝が落ちるといわれていて、それによって血行不良になり、細胞の不活性化が起こり、老廃物が溜まりやすくなります。
また、体が冷えると体全体の血液循環も悪くなり、子宮内部の血液循環も悪くなるので、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

ヨガがホルモンバランスを整える理由!

では次に、ヨガが『女性ホルモンの乱れ』を整えるしくみを具体的に紹介したいと思います。

 

ヨガの呼吸法でリラックスできる

ストレスで体が緊張状態の時は、呼吸が浅く、短くなっています。これでは酸素をスムーズに全身に運ぶことができません。
ヨガで大きくゆっくりと呼吸をすること(腹式呼吸)で体内がリラックス状態になり、酸素の運搬もスムーズになります。
ヨガをイライラしたり、嫌々やっていると、ストレス解消にはなりません。ヨガを楽しむことが何より大切です。

 

身体の歪みと自律神経を整える

背骨の中にある脊髄は、脳と全身とをつなぐ重要なものです。この脊髄を正しく働かせることで自律神経が整い、女性ホルモンもスムーズに分泌されるようになります。
さらに骨盤や関節の位置を正しい場所へ戻すことで、内臓を動きやすくしてくれます。
すると、自律神経が整い、ホルモンバランスが整います。
健康な体は、体内のすべての機能が正常な位置で働くことで、実現できるのです。

 

基礎代謝があがり、冷え解消

体の冷えには、基礎代謝が大きく影響しています。
ヨガは普段あまり使わない筋肉を動かすことができるため、血流をよくして、細部まで栄養を送ることができます。
そして、体も温め、新陳代謝をあげてくれます。
いつもは手や足の先がすぐに冷たくなってしまう人でも、手足の先までポカポカに温めてくれるのです。

 

このようにヨガは、体の働きを活性化して、余計なものを排出しやすくしてくれるのです。

 

ハッピーホルモン『セロトニン』が生理不順を改善する!

 

ヨガをすると、ホルモンバランスが整い、生理不順の改善につながるということでしたが、もうひとつ自律神経やホルモンのバランスを整える働きのあるものを紹介します。

 

それは、ハッピーホルモン『セロトニン』です。

 

よくヨガを継続して実践すると、健康的で綺麗になれると言いますが、その理由は、ハッピーホルモン『セロトニン』の分泌が関係します。名前からして素敵ですよね。

 

この『セロトニン』は、心臓機能、代謝、呼吸などをコントロールする自立神経を調節し、精神バランスを保ちます。

 

そしてこの『セロトニン』の分泌を促す方法が、腹筋を使い意識的にゆっくりと呼吸をする、軽めの運動である、ヨガなのです。

 

ヨガはストレスによって発生する『コルチゾール』というホルモンを減少させ、精神を落ち着かせる働きのある『セロトニン』の分泌を促すのです。
心身ともにハッピーでいるためには、このハッピーホルモンである『セロトニン』がとても重要なのです。

 

ホルモンの分泌は毎日行われています。未来の自分のために、是非魅力的なヨガを始めてみましょう。
普段から、リラックスして血行を良くしたり、内蔵や骨盤、とくに子宮の調子を意識して整え、生理不順を改善しましょう。

 

これからの自分のために、習慣付けようという意識が、生理不順改善への近道になるのではないでしょうか。