生理不順と子宮内膜症。不妊と繋がる病気の正体

生理痛が酷く毎回寝込むほどの月経痛があったり、生理以外の日でも下腹部痛がおきたり、セックスの際に痛みがあるなど、これらの症状が出る場合「子宮内膜症」の可能性があります。

本当は早くに婦人科にかかるべきなのですが、女性にとって婦人科は抵抗がある方も多く、痛みに耐えられず婦人科にかかった時には手遅れになるほど症状が悪化していることがあります。

子宮内膜症がある人は生理不順と同じような症状があり、不妊にもつながる可能性のある病気です。妊娠が望めなくなるほど酷くなる前に、できるだけ早く治療する必要があるのです。

今回は、これから妊娠を望む女性の方のために、子宮内膜症という病気についてまとめてみました。

子宮内膜症の原因とは

子宮内膜症で生理痛が酷くなる原因について説明しましょう。

通常、子宮の内膜を覆う内膜(赤ちゃんのベットとなる場所)は排卵後に厚くなり、子供を育てる準備に入ります。その後、妊娠をしなけば内膜は「生理」として外に排出されます。

この子宮内膜が増殖する際に、なぜか子宮以外の臓器に飛び火し、子宮内と同じく内膜が増殖、生理の際に出血するという症状を繰り返してしまいます。

子宮以外に飛び火した内膜は、その場所で生理と同じように出血をしてしまうため、血液はその場所に留まり周囲の臓器や組織に癒着を起こすことで、生理痛や腰痛などの症状が現れます。

そして、卵巣に飛び火し子宮内膜症が発症すると、卵巣に血液がたまり袋状の嚢腫(のうしゅ)【チョコレート嚢腫】ができてしまい、嚢腫が大きくなると破裂する危険性がある為手術が必要になる場合もあります。

発症しやすい年齢は20代〜40代と言われており現時点では、なぜ子宮内膜症になるのか、未だはっきりとした原因は解明できていないのですが、次のような仮説があります。

・子宮内膜播着床(しきゅうないまくはんちゃくしょう)
月経血が逆流し、卵管から骨盤内にはいり腹腔内に定着したのではないかという説。

・体腔上皮化生(たいくうじょうひかせい)
胎児の時に、子宮形成の基になった成分が、何かの異変で子宮内膜に似た組織に変わったのではないかという説。

・子宮内膜良性移植
子宮内膜がリンパ管を通って移動したという説。

生理不順の裏に隠れた子宮内膜症


生理不順について婦人科で検査した結果、子宮内膜が見つかるということがよくあります。

子宮内膜症は、生理痛が酷いという症状以外にも、生理が遅れる、不正出血するなどの症状がでることから、最初はホルモンバランスが乱れたことによる生理不順であると思う方が多いでしょう。
(子宮内膜症で起こる症状は、月経痛、不正出血、月経時以外に下腹部が痛む、腰痛、性交痛、排便痛、不妊症、が主な症状です)

基本的に、子宮内膜症は最初は症状が軽く、病巣が広がるとともに徐々に痛みが酷くなります。中には痛みのでない方もいます。

生理痛が酷い病気には月経困難症というものもあり、月経時に子宮内膜でつくられるプロスタグランジンが過剰につくられることで子宮が過剰に収縮し、酷い生理痛を起こすものもあります。

生理痛が酷い原因は必ずしも子宮内膜症とは限りませんが、子宮に問題が起きている可能性が高いのです。

治療は、状態によって鎮静剤で様子を見たり、ホルモン治療をしますが、症状が酷くなれば手術が必要になる可能性が高まりますので、生理周期を正し早期に異変に気付くこちができる体に整えておくことがとても重要です。

子宮内膜症になると妊娠しずらくなるのはなぜ?

子宮内膜は前述したとおり赤ちゃんのベッドとなる膜のことで、女性の月経のメカニズムと子宮内膜は一番関係性の強い組織となります。

実際に子宮内膜症にかかっている方の約3割ほどの方が不妊症に悩まれてる状況で、子宮内膜症によって、卵巣や卵管の働きが弱まり、着床しずらい子宮環境になることから不妊症の原因になると考えられています。
早くに治療すれば、自分に合った適切な治療を受けることで妊娠の可能性はありますが、症状を放置し悪化した場合は、手術によって子宮を全摘出が必要になる場合もあり妊娠が望めなくなります。

生理不順や生理痛の症状を放置せず、体からの小さなサインを見逃さないよう日頃からしかるべき対処をするように心がけましょう。