肥満と生理不順の関係に注目!肥満が生理に及ぼす影響は?

「肥満で生理が止まった!」「太りはじめてから生理不順になった」「肥満が原因で無排卵になった」という女性の方がいらっしゃいます。

では、本当に「肥満が生理不順の原因」になりうるのでしょうか?

答えは「YES」です。

最初は、ストレスや乱れた食生活などがきっかけで肥満になってしまった。今は食べることをやめられず生理不順になってしまった。
このような状態から抜け出すために、肥満と生理不順の関係について詳しく取り上げていきます。

肥満が生理不順に繋がる理由


肥満の方が生理不順になりやすい原因の一つとして、女性ホルモンのエストロゲンが挙げられます。

このエストロゲンは主に卵巣の卵胞から分泌され、生理周期の成立の媒介、発情の誘発、子宮内膜の増殖、妊娠の維持や乳腺の形成など「女性らしい体をつくる大切な働き」をしています。

一見、肥満と女性ホルモンの直接的な関係はないように思えますが、肥満で増える脂肪細胞とエストロゲンに密接な関係があります。

脂肪細胞は、生命活動のためのエネルギー貯蔵庫と供給をする役割をしていますが、女性ホルモンを作り出す役割もしているのです。

では、なぜ脂肪細胞が女性ホルモンを作り出すのでしょうか。

女性の卵巣は女性ホルモンのエストロゲンだけではなく、男性ホルモンのテストステロンも分泌しています。(他にも男女共に副腎からも男性ホルモンが分泌します)

この男性ホルモンを材料に女性ホルモンのエストロゲンを作り出すため、肥満になると脂肪細胞が増えることでエストロゲンが過剰になりやすくなります。

「生理不順」はエストロゲンが減少しても、逆に増加しすぎても女性ホルモンを乱す原因になります。

そのため、脂肪細胞が減少するするとエストロゲンが減少し、肥満になると増加するというふうに、体脂肪と女性ホルモンには関わりがあると言われているのです。

この体脂肪と女性ホルモンにはもう一つ、脂肪細胞から生まれる「レプチン」という物質も関係しており、細胞脂肪の減少や増加に伴い生理不順の原因となるといわれています。レプチンについてはこの後に取り上げていきます。

これらをまとめると、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌は卵巣だけではなく、脂肪細胞からエストロゲンが作られるということです。

肥満になると、細胞脂肪が増えることでエストロゲンが急激に増え、体内のホルモンバランスが崩れることで生理不順になるということなのです。

肥満の方が生理不順になると痩せにくいって本当?


肥満の方が生理不順や不妊症になる原因がもうひとつあります。

それは、前述した脂肪細胞から生まれる「レプチン」が鍵を握っています。

レプチンは、脂肪細胞内の量が増えると増加し、血液循環にのって脳に体の栄養状態を伝達することで、食欲を抑える働きをしています。

このレプチンは、脳の生殖機能中枢にも関わりがあり、肥満によって高レプチンの状態が長期間持続してしまうと、生殖機能が障害されてしまい、月経不順などの軽度の異常から無月経や不妊症といった様々な症状を起こす原因となることが判明しています。

他にも、肥満は脳の感受性も低下させ、レプチンの働きを弱めてしまうことで食欲が抑えられず、更にエネルギー消費も低下してしまうために、なかなか痩せられないという悪循環を生んでしまいやすい。

標準体重まで痩せることでレプチンが正常になり、生理不順や不妊症の症状が改善した事例もあります。生殖機能を正常にするためにも、体調管理はとても大切なのです。

基本的には、間食をやめカロリー計算された栄養バランスの良い食事をとり、代謝を上げるために有酸素運動を取り入れるなど、続けられれば痩せられます。分かっていても自分にはついつい甘くなってしまうものですよね。なかなか独りでは食欲を抑えられない、怠けてしまうなどで出来ない人が多いのも事実です。

本気で痩せたい願望や妊娠をしたいと思っている方は、医学的なプログラムを組みサポートして頂ける医療機関でのダイエット治療をしたり、スポーツジムなどでしっかりプログラムを組んでもらうなど、第三者が関わることで痩せる目標を達成するのも有効な手段の一つです、

肥満が原因で生理不順になる方は、いずれ生殖器以外の様々な器官の不調も現れてしまう可能性が高い状態と言えます。

厳しいことを言いますが、肥満の方は将来のためにも、標準体重を目標にしダイエットに取り組んでいただくことを是非お勧めしたいです。