生理不順とPMS(月経前症候群)の違いを教えて!

女性の体は生理前になると、女性ホルモンの影響から心身に不調を感じる方がいます。
「生理不順だからしかたない」「生理前はそういうもの」ときちんと検査されない方も多いですが、そのつらい症状はPMS=月経前症候群が原因である可能性があります。

では、生理不順とPMSの違いとはどのようなところでしょうか。
『生理不順(月経異常)とPMSの違い』

生理不順は、女性ホルモンの乱れ、ストレス、偏った食生活、過度なダイエットなどの要因でおこる生理周期や経血量の乱れをいいます。


PMS【月経前症候群】は、生理前の約1〜2週間位前から心と体に起こるさまざまな不調のことをいいます。

基本的に、ストレスや体調不良などで生理不順になることが多いため、その症状が、PMSが原因なのかを自分自身で判断することが難しいですが、生理不順を放置することで、PMSに発展してしまうこともあります。
実際に、8割ほどの女性がPMSの症状が現れると言われており、症状の酷い方は日常生活もままならないほど苦痛を感じる方もいます。

PMSの症状を知ることで、不安定な心と体に必要なケアを取り入れて行きましょう。

PMS(生理前症候群)の代表的な症状とは


一般的に多いPMSのの代表的な症状には以下のようなものがあります。
生理が始まる前の1〜2週間くらい前から起こることが特徴です。そして一旦生理が始まると嘘のように症状が軽くなることもPMSの特徴になります。
ココロの症状
・ちょっとしたことでイライラする。
・人に当たりやすくなる。怒りっぽくなる。
・無気力になりやる気がなくなる。
・集中力がなくなり失敗が増える。
・くよくよ悩んでしまい精神的に不安定になる。うつっぽくなる。
・眠れなくなる。

カラダの症状 
・にきびや肌荒れが酷くなる。
・胸が痛くなる。
・頭痛、頭重、腹痛が起こる。
・体がほてり微熱っぽくなる。
・体が疲れやすい、だるい。肩が凝る。
・貧血気味になる。

症状が酷く日常生活に支障がでている場合は、放置せずに婦人科できちんと診察をうけましょう。


PMS(生理前症候群)と女性ホルモンの関係


最近までPMSの原因は不明とされていましたが、研究者の中で女性ホルモンの変化がPMSの原因という意見があがり、ストレスや疲労・偏った食事なども、その症状を悪化させると言われています。

それではなぜ、PMSは女性ホルモンの影響を受けるとされているのかを説明しましょう。

女性ホルモンには二種類のホルモンが分泌されます。
低温期(排胞期/排卵期)にはエストロゲン、高温期(黄体期)にはプロゲステロンというホルモンが分泌されます。

PMSと関係してくるのは、黄体期に分泌されるプロゲステロン(妊娠の準備をするホルモン)が強く関係していると言われています。

プロゲステロンの働き

・体温を上げる
・内膜を厚くし受精卵が着床する準備をする
・妊娠後の妊娠の維持や乳腺の形成など

これらの働きをする裏で、プロゲステロンの影響を受け、眠気・頭痛・腹痛・胸の痛み・むくみ・だるさ・イライラ・食欲が増す・鬱っぽくなる、などのさまざまな不調を起こします。これらの不調をPMSといいます。

そして、女性ホルモンの乱れで起こる症状として、PMS・生理不順・生理痛があげられ、生理不順からPMSにつながる場合もあるのです。

PMSの症状を緩和する生活習慣とは


生理不順もPMSも女性ホルモンの影響が関係するといわれ、ストレスや偏った食生活・不規則な生活がきっかけで症状は悪化してしまいます。
「女性の体は女性ホルモンの状態によって、心身の状態が変化しやすい繊細な体」であるということを自覚し、体調管理をしていきましょう。

まず、生理前の不調が現れた時期には体をしっかり休め癒してあげましょう。イライラ・クヨクヨした自分を責めず受け止めることが大切です。ストレスや不安を癒すことがなにより大事なのです。

生理不順・PMSの症状を緩和するためには、女性ホルモンのバランスを整える食事を摂る・睡眠をしっかり取り心身を癒す・普段から体を温める(入浴・運動など)、などを心がけましょう!

症状が酷い生理不順やPMSの方は、婦人科などで検査をすることをオススメします。
病気が潜んでいる場合もありますし、放置する事で不妊症になることもあるからです。

生理は自分自身の心身の状態をあらわすバロメーターです。「いつもと違う」を見過ごさないように、しっかりケアをしていきましょう!